中国陸運株式会社

お問い合わせ

お知らせLogistics Service

広島市現代美術館様依頼のボディプリント印刷車両4台目

広島市現代美術館様より依頼を受け横山裕一様のネオ漫画の印刷車両の4台目が完成しました。

当4台目で今回依頼を受けたの車両となります。

1台目と3台目が3t冷蔵車となり2台目が4t冷蔵車に印刷をし、最後の4台目は大型車両になります。

車両と箱が大きいのでひと際目を惹く車両となりました。

当車両は広島西営業所と岡山南営業所の拠点間幹線便(スイッチ便)の車両となります。

14時頃に広島西営業所(廿日市)を出発し商工センターで集荷をし高速道路にて岡山南営業所

まで往復運行をする車両となります。

今までの3台は県内を配送し一般の方に見て頂く目的としていますが県内以外に県外の方にも

アートに興味を持って貰う事を目的に幹線便に印刷をしました。

2021年9月23日

広島市現代美術館様依頼のボディプリント印刷車両3台目

昨日UPしました広島市現代美術館様依頼の印刷車両の3台目が完成しました。

今回の漫画も前回の2台目と続き、当社輸送品目の『食』に関する漫画を

作成して頂き印刷しました。

特に今回の漫画はここ数年で広島県のご当地名物になっています

『広島式汁なし担担麺』の漫画となっております。

明日の8月31日より東広島市~坂町~広島市内を走行します。

お見掛けの際は是非激写してタグ付けをお願いします!

広島市現代美術館様依頼のボディプリント印刷車両

当社の本社所在地の広島県にあります広島市広島市現代美術館様は令和4年の春まで改装工事により

2年間休館されており、休館中でも『美術・芸術・アート』を一般の方にもっと認知されて貰うよう様々な

活動をされています。

今は広島市内を作品の展示場として様々な場所で作品を展示しており、広島市現代美術館様と当社にご縁があり

作品の展示の協力依頼があり、当社車両へ作品を印刷し配送を兼ねて街中を走る企画をスタートしました。

当社車両へプリントする作品の作者はネオ漫画家の横山裕一様の作品を当社車両4台に作品を印刷計画で

現在2台完成し3台目の印刷を行っております。

横山裕一様はあの超有名ブランド【Hermès】のショーウィンドウとコラボされたり、若者に人気の

セレクトショップ【BEAMS】のショーウィンドウとコラボされた方になり、その方の作品を当社車両へ

印刷し走行する事は大変ワクワクする企画に参加させて頂く事になりました。

街中でお見掛けの際は是非、激写をお願いします。

山口営業所共同配送便スタート

山口営業所共同配送スタート。
本日令和2年11月22日(いい夫婦の日)より山口県内の共同配送がスタートします。
まずは4トン車両2台よりスタートとなります🚛🚛
来年1月よりもう2台増え4トン車4台で山口県内の共同配送を行っていきます🚛🚛🚛🚛
今後も順次共同配送便を増やし細かな配送網を作っていき店舗様のご希望に応えれる体制を構築していきます‼️
当社はお客様直取引に拘らず配送にお困りの同業社様からの依頼も受け付けております。
【そこに店舗がある限り】お届け出来る仕組み創りを構築しております‼️
2020年11月22日

【路線出荷コスト削減事例】飲料メーカーA社様

昨今の飲料メーカーの商品競争で、出荷が小ロッド・多品種化し、1商品当りの輸送コストが急激に上昇している。
この状況を当社の経験豊富な専門スタッフがプロの視点で、メーカー様の輸送方法の問題点・改善策を提案し、問題解決に成功した事例をご紹介いたします。

【ご依頼主の課題】

・出荷商品が小ロッド多品種化し、納品エリアにあわせて6社の運送会社と契約しており、トラックチャーターの輸送比率が下がり、路線出荷比率が上がる事で、1商品当りの輸送コストが急上昇。
・路線会社のトラックが様々な時間帯で集荷を行う事で出荷担当者(リフトマン)も、出荷準備・棚入れ作業の時間が日ごとに異なる対応となり残業や人員増が発生。

【当社の提案概要】

・路線会社を現状の6社から2社に絞り込みを行いつつ、運賃タリフ(料金表)の交渉を中国陸運が代行。
・路線会社の集荷は取りやめ、当社の大型ウィング車を専属の路線会社横持ち車両として配置し、定時集荷・定時出荷を行う。

【A社様の結果】

・2社集約と当社の輸送専門家によるタリフ交渉で、路線出荷コストを削減。
・定時の集荷・出荷することで、メーカー様出荷担当者の作業時間の確定が容易となり、残業を軽減。(人件費軽減)



【中国陸運のスイッチ拠点のメリット】

広島・岡山・香川・大阪に6つのセンターを構え、中四国エリア(広島・岡山・山口・島根・鳥取・香川・愛媛・徳島・高知)の配送ネットワークの構築と各センターを汎用センター化する事で、様々なお取引先様の商品を配送できるネットワークを構築。 お客様の業態に合わせた車両で商品の輸送を実現させます。

中四国地域の物流・運送については経験豊富な当社に是非お問合せ下さい。
中国陸運だからできることが、きっとある。物流のご依頼・ご相談はこちらから
2019年12月11日

【食品輸送事例】外食チェーンC社様

関西・中四国に外食チェーンを展開されているC様は、配送デポが現在関西と中国地区の2拠点の展開となっており、在庫が分散されることによる在庫ロスが発生していた。 在庫ロスを軽減するため、当社の経験豊富な専門スタッフによる在庫管理提案で問題解決に成功した事例をご紹介いたします。

【ご依頼主の課題】

・在庫が分散され在庫ロスを改善してほしい

【当社の提案概要】

課題解決に以下のご提案などを行った。
・当社岡山営業所水島センターで関西・中四国分の在庫を一括管理する事で在庫ロスの軽減。
※関西分も岡山在庫にする事でサテライトセンター(当社大阪営業所)へピック済商品を転送するコスト発生に対しては
・当社拠点間のスイッチ便にて空きスペースへ積載する事で小ロッド多品種の幹線輸送も低コストで輸送出来、顧客へのコスト負担を軽減

中国陸運「岡山南営業所水島センター」外観および倉庫内風景

【B社様の結果】

・岡山営業所水島センターで関西・中四国分の在庫を一括管理する事で在庫ロスを軽減。
・ピック済商品を転送するコストは、スイッチ輸送でコストを軽減。



【中国陸運のスイッチ拠点のメリット】

広島・岡山・香川・大阪に6つのセンターを構え、中四国エリア(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)の配送ネットワークの構築と各センターを汎用センター化する事で、様々なお取引先様の商品を配送できるネットワークを構築。

中四国地域の物流・運送については経験豊富な当社に是非お問合せ下さい。
中国陸運だからできることが、きっとある。物流のご依頼・ご相談はこちらから
2019年12月4日

【配送台数削減事例】飲料系量販店A社様

広島の在庫センターより県内の各店舗への配送を4tゲート車で行っていたが、商品の特性上、重量が重く積載効率が悪いため、配送台数が増えていた(4t車16台)
現状把握のため、配送先の各店舗様へヒアリングを行ったうえで、当社の経験豊富な専門スタッフによる配送台数の削減と効率化で、問題解決に成功した事例をご紹介いたします。

【ご依頼主の課題】

・配送するトラックの台数が年々増加し、配送コストも増加している。
・現状を変更することで、配送先店舗様への理解が可能かどうか。

【当社の提案概要】

課題解決のため当社が各店舗様へヒアリングを行った後に以下のご提案などを行った。
・各店舗様へヒアリングで納品日当日の使用(販売)の商品率が低い。
・配送台数圧縮による納品時間の変更は問題の無い事が確認取れた。
・7t積載の増トンゲート車の導入を提案し、配送台数の削減を提案。(改善後6台での配送)

【A社様の結果】

納品時間が変更となるが、お客様へ台数削減によるコストリターンの実現。
台数圧縮による1台当りの売上増加。



【中国陸運のスイッチ拠点のメリット】

広島・岡山・香川・大阪に6つのセンターを構え、中四国エリアの配送ネットワークの構築と各センターを汎用センター化する事で、様々なお取引先様の商品を配送できるネットワークを構築。 お客様の業態に合わせた車両で商品の輸送を実現させます。

中四国地域の物流・運送については経験豊富な当社に是非お問合せ下さい。
中国陸運だからできることが、きっとある。物流のご依頼・ご相談はこちらから
2019年11月26日

【3温度帯対応車両での一括配送事例】量販店B社様

中四国地方に出店されているB様は冷凍・冷蔵帯とドライ帯の商品が別々の便にて納品している。
また、1日に2台の荷受けがあり、店舗スタッフによる荷受けの作業効率が課題となっていた。
当社の経験豊富な専門スタッフによる搬入作業の効率化で、問題解決に成功した事例をご紹介いたします。

【ご依頼主の課題】

・搬入の回数を減らしたい。
・店舗スタッフの作業効率を良くしたい

【当社の提案概要】

課題解決に以下のご提案などを行った。
・当社の各エリアの物流センターを商品の集約拠点に変更。
・3温度帯対応車両(中国陸運の車両一覧はコチラ)で一括納品することにより荷受け効率を向上させる。

【B社様の結果】

・店舗への一括納品で店舗スタッフ様の荷受け作業の効率を向上させた。
・余った時間を店舗の付加価値の向上に必要な業務に取り組めた。



【中国陸運のスイッチ拠点のメリット】

広島・岡山・香川・大阪に6つのセンターを構え、中四国エリアの配送ネットワークの構築と各センターを汎用センター化する事で、様々なお取引先様の商品を配送できるネットワークを構築。 お客様の業態に合わせた車両で商品の輸送を実現させます。

中四国地域の物流・運送については経験豊富な当社に是非お問合せ下さい。
中国陸運だからできることが、きっとある。物流のご依頼・ご相談はこちらから
2019年11月15日

【食品輸送事例】外食チェーンB社様

中四国地方に外食チェーンを展開されているB様は、関西の2工場から食品の出荷をされており、チェーンの拠点を岡山・香川・広島の3か所に配置されていた。 幹線便の本数が多く、各店舗への支線便はチャーター化されており、輸送費用が高コスト体質となっていた状況に対応し、当社の経験豊富な専門スタッフによるコスト削減提案で問題解決に成功した事例をご紹介いたします。

【ご依頼主の課題】

・輸送コストを圧縮したい。
・対応可能な輸送方法を提案してほしい

【当社の提案概要】

課題解決に以下のご提案などを行った。
・当社岡山南の物流センターを主幹DPとして、各工場からスイッチ輸送にて商品を拠点へ集約。
・各店舗への輸送はチャーター便から共同配送へ変更。

中国陸運「岡山南営業所水島センター」外観および倉庫内風景

【B社様の結果】

・現状の品質を保ちつつ、運送コスト削減(対比30%削減を実現) 



【中国陸運のスイッチ拠点のメリット】

広島・岡山・香川・大阪に6つのセンターを構え、中四国エリアの配送ネットワークの構築と各センターを汎用センター化する事で、様々なお取引先様の商品を配送できるネットワークを構築。

中四国地域の物流・運送については経験豊富な当社に是非お問合せ下さい。
中国陸運だからできることが、きっとある。物流のご依頼・ご相談はこちらから
2019年11月8日
ページの先頭へ戻る